らびおの収集癖

アクセスカウンタ

zoom RSS シューマン:交響曲全集 Vol.2 交響曲 第2番&第3番「ライン」

<<   作成日時 : 2012/12/02 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


シューマン:交響曲全集 Vol.2 交響曲 第2番&第3番「ライン」
山形交響楽団
2012-08-22
山形交響楽団 飯森範親

Amazonアソシエイト by シューマン:交響曲全集 Vol.2 交響曲 第2番&第3番「ライン」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【送料無料】シューマン:交響曲全集 Vol.2 交響曲 第2番 & 第3番「ライン」/飯森範親,山形交響楽団[HybridCD]【返品種別A】
Joshin web CD/DVD楽天市場店
品 番:OVCX-00067発売日:2012年08月22日発売出荷目安:5?10日□「返品種別」につ



 久しぶりの更新!すみませんでした。

 このCDは、8月に発売されて、山形響の団員には配られていたのだが、何かの手違いで私の手元には無かったので、先日やっともらってきた。せっかくもらったので、聴いてみた。

 このCDで、山形響によるR.シューマンの交響曲5曲(第4番の異稿)を含めて全て出そろったことになる。さて、このVol.2の「ライン」とYSOライヴ第1弾で録音された第4番は、現代の楽器で、それ以外の曲は、金管楽器など一部でピリオド楽器のレプリカを使用している。

 演奏は参加していた人間が言うのも何だが、過去の山形響の演奏より良い気がする。自画自賛ぽくてこういう意見は嫌なのだが、ピリオドレプリカ楽器を試用している同僚の団員さん達には頭が下がる思いがするし、楽器云々よりオーケストラ全体の響きが以前より良くなっている気がする。

 YSOレーヴェルが立ち上がって数年経つが、やっと録音という行為がオケの機能を上げてきたようだ。いちヒラ団員が上からの物言いで申し訳ないが、確かにそう感じるのだ・・・・。ただ録音という行為はいつまでも好きにはなれない・・・。汗。

 個人的な意見としては、苦労の末のピリオドレプリカ楽器使用と、ピリオドに影響を受けた奏法なのだが、現代の響きの方に軍配を上げたくなる。自分の土俵がそこなのだからしょうがない。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シューマン:交響曲全集 Vol.2 交響曲 第2番&第3番「ライン」 らびおの収集癖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる