らびおの収集癖

アクセスカウンタ

zoom RSS Motherland David Aaron Carpenter

<<   作成日時 : 2018/06/09 21:30  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


Various: Motherland
Rhino Warner Classic
2018-04-20
David Aaron Carpenter
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Various: Motherland の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 期待の若手David Aaron Carpenter氏によるヴィオラ音楽のCDだ。

 B.バルトークやW.ウォルトンの協奏曲(三大ヴィオラ協奏曲とも言われるうちの2曲)、A.Shor(どう読むか私は知りません)の作品群に混じって、このCD一番のメインは、最初に収録されているA.ドヴォルジャークのチェロ協奏曲(ヴィオラ版)だ。

 昔一回だけ、ラヂオでA.ドヴォルジャークのチェロ協奏曲を演奏したのを聴いたことがあるが、その時は誰が演奏していたのか分からないが、音量豊かなチェロの曲をヴィオラで演奏したところで、苦労だけで、表現など乏しいな・・・なんで、ヴィオラのオリジナル曲を演奏しないのだろうか?なんて偉そうに思ったものだった。

 ところが年々レヴェルが上がり、ソリストとして力を持つ人が増えた現代のヴィオラ界で、他の楽器(特にヴァイオリンやチェロなど)に匹敵・超えるくらいの表現力を持ったヴィオリストが登場してきている。

 David Aaron Carpenter氏もその一人で、A.ドヴォルジャークの協奏曲は、ヴィオラのために書かれている作品のようにも思え、チェロで苦しい音域の箇所さえ、軽やかにヴィオラで弾ききっているのだから、テクニックより音楽に集中してドヴォルジャークの音楽を楽しむことが出来た。

 B.バルトークなど他の作品も誠に達者で、このCDは凄く楽しめた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Motherland David Aaron Carpenter らびおの収集癖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる