らびおの収集癖

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラームス:弦楽四重奏曲第1番&第2番(カルミナQ)

<<   作成日時 : 2013/01/04 21:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ブラームス:弦楽四重奏曲第1番&第2番
コロムビアミュージックエンタテインメント
2004-12-22
カルミナ四重奏団

Amazonアソシエイト by ブラームス:弦楽四重奏曲第1番&第2番 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 遅くなりましたが、みなさま明けましておめでとうございます。これからもほそぼそと更新してゆきますので、よろしくお願いします。以前、記事にした盤を再びとりあげます。

  収録曲は、ブラームス作曲
・弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 Op.51-2
・弦楽四重奏曲 第1番 ハ短調 Op.51-1

 前回は思い出と第1番について書きましたので、今回は第2番の方を少々。

 この年末年始に、J.ブラームスの弦楽四重奏曲を色々な盤で、何回も聴いておりました。ライプツィヒQやツェムリンスキーQなどなど。

 ブラームスは、生涯に3曲の弦楽四重奏曲を残していますが、その前に20曲くらい作曲していたそうです。尊敬するL.v.ベートーヴェンの作品を畏怖するあまり、習作的なモノは全て破棄した上で、3曲の発表となりました。ブラームスが謙虚すぎるのか?自分に厳しすぎるのか?もしその破棄した20曲が残っていたら、弦楽四重奏曲の大作曲家になっていたかもしれません。他人(後世の人)の評価は、その時には分かりませんからね〜。

 しかし、残っている3曲に対しては様々な評価があります。ブラームスはこのジャンルには向かない!弦楽四重奏にはおさまりきれない音楽だ!柿渋過ぎる!などの意見をよく聞きます。

 私は残っている3曲を大変気に入っていて、どの曲も大好きなのですが、初心者に勧めるとしたら第2番を押します。
 
 第1楽章、いきなり憂いを帯びた1stVnが、心を引きつけます。その裏ではヴィオラが3連符の大波小波!これが、ブラームスです!!常に暗めの空気感が音楽全曲を支配しています。力強いのに悲しみを訴えかけてくる第4楽章!良いなぁ〜!媚びうらなくて。

 J.ブラームスは、意外と室内楽を多く作曲しているのですが、この弦楽四重奏曲だけは、好きな人しか聴かない音楽なんです。もったいないなぁ・・・・。凄いこと告白しているかもしれないのに。

 話は飛びますが、山形Qは来年度4月、初っぱなの定期演奏会で、この第2番にチャレンジします。どうなるかな・・・楽しみ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラームス:弦楽四重奏曲第1番&第2番(カルミナQ) らびおの収集癖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる